Listening cozy sound of rain

雨の言葉、いくつ言えますか?

6月の六本松蔦屋書店の「雨でよかった」コーナーの選書が好みで、

最近何度か足を運んでいます。

今読みたいのはこの2冊、

 

「カタツムリの食べる音」

枕元のカタツムリの描写と、著者の病床の体調の描写が、

丁寧でしつこくなくて、私好みでした。

雨の日をさらっと過ごせそうな一冊。

 

「世界でいちばん素敵な雲の教室」

イラスト図解の手作り感がゆるすぎますが、

どの雲が何という名前で、どうしてそうなるのか説明してあって、

そうそうこういうのが知りたかったの!とワクワクしました。

 

花の雨(はなのあめ)

白雨(はくう)

涙雨(なみだあめ)

私雨(わたくしあめ)

卯の時雨(うのときあめ)

雨夜の月(あまよのつき)

雨夜の星(あまよのほし)

送り梅雨(おくりづゆ)

 

水の国日本で用いられる、

雨の言葉は響きがやわらかく、美しいですね。

砂漠の国にはどんな言葉があるんだろう。