STORY TAILOR IHANAI Exhibition 4/13 – 5/14

ストーリーテイラーイハナイ展も

あと残すところ1週間。

今回は物語を文章と絵でお楽しみいただいています。

そこに香りのギフトやカード、灯りなどの商品もあって、

そこだけ別世界な異空間になっています。

ふたつ嬉しい誤算がありました。

ひとつは、お一人で来られる方がゆっくり観てくださること。

お一人でその世界に浸っている静かな光景です。

ふたつめは、友人やお客さまから、「文章にセンスがある」と

言っていただけるようになったこと。

文章は長年とても苦手でした。

絵は言葉を補ってくれるものでした。

ブラッシュアップを続けているうち、

誰かにあてた手紙のような文章が、

ある日突然降ってくることに気づきました。

それまではモヤモヤとしていて、

本番まで助走しているような感覚です。

それが日常の小さなきっかけで、

パーンと号令が鳴って一気に言葉が溢れてきます。

それを後で、冷静な時に見返して整えていく。

それはまるで、洋服を手作業で仕立てていくように、

丁寧に、言葉を繋いで組み立てて、

仕立てていくのです。

私は言葉とイメージの狭間にいます。

自由で心地よい狭間です。

ストーリーテイラーの小さな物語たちに、ぜひ会いに来てください。

母の日の5月13日までですので、

お母さまと是非お出かけくださいね。

At l’onde gallery space in Fukuoka city