Dear Photographers

お久しぶりです。小話をしようと思います。

アートディレクターとして広告の仕事に携わっていた頃、

実は撮影が1番楽しみでした。

撮影現場を判断する脳みそと、イメージを保つ脳みそと、

両方使うので、撮影はとても疲れます。

だけど、カメラを構えるプロと、

本質をとらえようとする視線がシンクロした時、

イメージ以上のカットが生まれることがあります。

だらだらした撮影はイメージ力が鈍るので、

いかにいい緊張感を保つか、

アートディレクターの力量を試されているうち、少しづつ、

ものを見る目が養われていく感覚がありました。

距離感が近すぎず遠すぎず、静かな情熱や会話のテンポが合う

優しい人たちと多く出会えた気がするので、

写真を志す人は、個人的に好きです。

最近イラスト表現に寄ってきていて、撮影が

ないなぁと、懐かしく思った雨の日でした。

光と影をもつ、美しさへの、好きなものへの、

ファインダー越しのこだわりが素直に伝わってくる写真が好きです。